蝶&鳥日記

4月23日(晴れ時々くもり)

前半は鳥見、後半は蝶見ということで、まずは大阪市内の鳥見フィールドへ始発電車で出発する。現地到着は午前6時15分。バーダーが集まるポイントにはすでに大砲が5台並んでいる。その内のお一人と話をすると、何と午前5時半からここにいるという由。まだ真っ暗のはずなのに。恐るべし鳥屋さん。暫く待つものの全然鳥がやって来ないので、場所を移動する。鳥のいそうな所を探索するも、シメ、ジョウビタキ、アオジ、ビンズイ等も一つ撮影意欲がわかない。1時間程度歩いた頃、前方に別の大砲部隊が3人。「何がいるんですか」と尋ねると、「コマドリが良く来るポイントなんです」とのこと。久しぶりにテレコンを装着し、キャノン、ニコンの高級機種が並ぶ横に恥ずかしげにセッテイングをし、本命を待つ。10分ほどして「やって来た」という声。見ると非常に小さい鳥発見。スズメくらいの大きさだろうか。暗い、遠い、被写体小さいの3拍子揃った厳しい条件ではあるが、100カット程撮影完了。1カットだけでもまぐれ当たりを期待しながら、マイフィールドに移動。案の定ツツジが5分咲きといったところ。黒系アゲハが来るのを半時間待つも、ナミアゲハさえ姿を見せない。どうも気温が低いようだ。約2時間ポイントを移動しつつ徘徊した結果、めぼしい蝶はいなかったが、本日初見種も含め結構楽しむことが出来た。
本日の目撃種は、クロアゲハ、アオスジアゲハ、キアゲハ、アゲハチョウ、ベニシジミ、ルリシジミ、モンシロチョウ、キチョウ、ツマキチョウ、ミヤマセセリ、サトキマダラヒカゲ、テングチョウであった。やはり蝶と鳥を両立すると2倍疲れます。

コマドリ
c0050594_17203330.jpg


アゲハチョウ
c0050594_17214573.jpg


サトキマダラヒカゲ
c0050594_17222210.jpg

[PR]

by 6422j-nozomu | 2005-04-23 17:26
<< 4月29日(晴れ風強し) 4月17日(快晴) >>