蝶&鳥日記


冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記
by 6422j-nozomu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

4月30日(晴れ)

午前4時半の目覚ましでとりあえず起床するも、身体が重たいので再度爆睡モードに入る。次に目が覚めたのが午前8時。本来なら鳥→蝶フィールドの連ちゃんコースであったのだが、昨日あれだけ炎天下歩いたのだから無理はないか。ということで、飽きもせずマイフィールドに直行する。本日の狙いは、ナガサキの訪花とスミナガシのテリ写真である。いつものように満開のツツジの前で1時間半待つも、黒系アゲハが全く姿を現さない。あきらめかけた頃、ようやくジャコウアゲハ♀がやって来たが、これは昨日いやというほど撮影したので、スルー。次に周辺の探索。本日初見のツマグロヒョウモン、コミスジ、イシガケチョウ(越冬)、コチャバネセセリ、クロヒカゲの他、アゲハチョウ、アオスジアゲハ、モンシロチョウ、キチョウ、ツマキチョウ、ミヤマセセリ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、ルリシジミ、テングチョウを見る。正午頃第1スミナガシポイントに到着。すでに毎年よくお会いする方と老採集家がしっかりとテリを張っておられた。10分程話をした後、第2ポイントに移動。蝶仲間のS氏が来られていた。二人で蝶談義をしながら本命の出現を待つ。午後2時半には、O氏とY氏親子も合流し、俄然賑やかになってくる。午後3時2分待望のスミナガシが2分遅れでやって来た。なかなか時間厳守の蝶である。相変わらずテリ位置が高い。地上8㍍といったところか。テレコンを装着して20カット程撮影するも、証拠写真のレベルである。毎年そうなのであるが。ここでの目撃種は、ミヤマカラスアゲハ、クロアゲハ、アカタテハ、スミナガシ、ルリシジミであった。帰りがけ、もう一度ツツジポイントに立ち寄ると、付近を巨大なピカピカのナガサキアゲハ♀が飛翔している。花に止まってくれと念じたが、お腹一杯らしく、悠然と飛び去ってしまった。残念である。

クロヒカゲ
c0050594_19471863.jpg


はるか頭上のスミナガシ
c0050594_19481522.jpg

[PR]

by 6422j-nozomu | 2005-04-30 19:53
<< 5月2日(くもりのち晴れ) 4月29日(晴れ風強し) >>