蝶&鳥日記


冬場は鳥に浮気する蝶がメインの日記
by 6422j-nozomu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2月4日(くもり一時雪のち晴れ)

本日は小遠征して京都に行き、ミヤマホオジロ、アオバトの撮影を予定していたのだが、天気予報を確認すると、京都市内は午前、午後共雪マークのため断念する。それでも午前8時スキッと起床する。素晴らしい青空が広がっている。「また、気象予報屋さん外しやがったな」と思いつつ、ゆっくりと食事をし、午前10時半出発で地元鳥見フィールドへ。現地に到着するとちらちらと小雪が舞い、天気が急変している。「やはり予報屋さんはすごい」とあらためて納得。
本日、狙いは全くない。私的新種を撮影したいのみである。5分程歩いた時、垣根の向こうで黒い鳥2羽と白っぽい鳥1羽がなにやら険悪なムード。双眼鏡で確認すると、ハシブトガラスとオオタカであった。千載一遇のチャンスとばかり、一部始終を観察することにする。オオタカが捕獲したドバトをハシブトガラスが虎視眈々と狙っているのだ。流石に最強の鳥カラスもオオタカには少し遠慮気味。それでも包囲網をジワジワ狭めて、今にもオオタカの捕獲物を横取りしようとする気配。オオタカは羽を全開して、威嚇するも、カラスは全く動じない。ついにオオタカがカラスめがけて強襲。カラスは逃げまどう。いや、見ていて本当に飽きない面色い光景である。まるでサバンナのライオンとハイエナを彷彿とさせる。結果を言うと、オオタカは2羽のカラスの同時攻撃を受け、すごすごと退散するのであった。恐るべしカラス。最強の戦士である。
このブログをご覧になっている方は9割方蝶屋さんだと思いますが、たまには鳥に目を向けられると、珍しい蝶を奇麗に撮影出来たのと同様の血わき肉おどる感動を目にすること請け合いです。いつもなら数時間徘徊するのに、本日は歩いた時間僅かに20分。それでも素晴らしい感動があったので、まあ良いか。

オオタカ①(カラス包囲網に脅える)
c0050594_1615556.jpg


オオタカ②(カラスを威嚇)
c0050594_16174231.jpg


オオタカ③(カラスを追い払い勝利のポーズ)
c0050594_16192131.jpg


オオタカ④(気兼ねなくゆっくり食事)
c0050594_16212469.jpg


オオタカ⑤(結局カラスに獲物を略奪され樹の枝に退散)
c0050594_16353065.jpg

[PR]

# by 6422j-nozomu | 2006-02-04 16:46

失敗写真シリーズ②(キマダラモドキ開翅)

2003年9月キマダラモドキの撮影に行く。この蝶の旬はは6月下旬。この時のターゲットは夏眠明けの♀個体である。20分程探索したとき、2頭の本種がほぼ同時に飛び出す。「二兎を追うものは一兎をも得ず」の諺どおり、一頭に的を絞り追跡。この当時も持参カメラはフルオートデジカメである。まずは閉翅個体。

キマダラモドキ閉翅
c0050594_23292896.jpg


少し脅かして、飛び立ったところを更に追跡。何とか葉上に静止。暫くすると徐に翅を全開した。ピーカン故、日光がまともにあたり、翅が白っぽく見える。(これだとデジ一眼でも厳しそう)結構長く全開してくれたので、10枚ほど撮影するも、何せ露出調整、測光モードの選択何にも出来ないのである。シリーズ①のオオヒカゲ写真よりは幾分ましなのが救いであろうか。

キマダラモドキ開翅
c0050594_23421473.jpg

[PR]

# by 6422j-nozomu | 2006-02-03 23:46

1月29日(快晴)

昨日は歩き疲れました。久しぶりに8時間も爆睡。午前9時起床。さあ今日は何処へ行こうかなと思いめぐらせたが、奈良県の鳥見に決定。本日の狙いは「キクイタダキ」一種。ライフリストを昨日チェックしてみたが、まだたったの66種類。バーダーとしては初心者以下である。しかも、今年になってから追加出来たのはたったの2種類。蝶の場合は五目撮影が出来るので、100種類までは比較的短い年数で達成出来るが、それ以後は遠征しないと種類が増えないのと同様、鳥の場合も50種類までは楽勝だが、あとは結構難い。ということで目標を絞ったのである。
現地に到着するも、何せ広大なフィールド故、ピンが全然わからない。しかし、心配ご無用。そこそこの鳥には、ちゃんとそこそこのカメラマンが集まるのである。「出ましたか」と聞くと、「1時間ほど前に数頭がやって来た」という返事。「次はいつ出ますでしょうか」と聞くと、「集団でポイントを移動しているので、2時間も待てばチャンスはあるかな」という返事。鳥は何時間もウェイティングする覚悟がないと撮影は難しいようだ。12時半、待望の本種が登場する。「来た」という声と共に10人ほどのカメラマンが一斉に移動。非常に暗い。非常に動きが激しいというカメラマン泣かせの鳥であるが、比較的近づけるというのが唯一の長所。適当に設定して、約20分間で150枚撮影完了する。D2X、F100等の高級機が居並ぶ中、負けるものかと撮影したが、帰宅後チェックすると掲載可能な写真はたったの4枚であった。しかし、鳥ははまります。本日実感しました。帰りのバスを待っているとき、ムラサキシジミが目の前を通過したが、バスが来るまであと3分、追いかけることを断念する。

キクイタダキ①
c0050594_1623734.jpg


キクイタダキ②
c0050594_163496.jpg


キクイタダキ③
c0050594_1633052.jpg

[PR]

# by 6422j-nozomu | 2006-01-29 16:05

1月28日(くもり時々晴れ)

本日は、某野鳥の会奈良支部の観察会が奈良県橿原市で開催される。午前9時現地最寄駅に集合であるが、気合いを入れて早朝から出発し、現地には午前7時半の到着である。昨年同時期トラツグミ、ルリビタキ等を撮影しているし、ノスリ、ハイタカ等の猛禽類も出現するという情報を得ているので、期待大である。まずは水鳥の観察。お馴染みのマガモ、バン、ヒドリガモ、カイツブリ他カモ類の数が夥しい。珍しいのが紛れ込んでいないかと慎重にチェックするも無駄骨であった。
次に山鳥を求めて、近くの小山に登る。やはり鳥影は薄い。鳥の数より散歩する人の数の方が多い位だ。10分程度歩いて、ようやく本日の目標の一つであるルリビタキ発見。20㍍先に数羽いる。かなり暗い所なので、SS優先1/250で10枚撮影完了。(自動制御ONにしての撮影であったが帰宅後チェックするとISO1600。非常にノイジー)暫くして、観察会メンバーと無理矢理合流。皆さん立派な高倍率のフィールドスコープを所持しておられるので、きっと珍しい鳥を発見してくれるに違いない。「ノスリがいますよ」というリーダーの声で全員がその方向にスコープをセッティング。しかし、私の10倍双眼鏡では全く確認できない。お隣の方のスコープをのぞかせていただく。これでライフリスト1種追加。同様にオオタカものぞかせていただく。共に距離約300㍍。撮影する意欲も失せる恐ろしいほどの距離であった。結局12時までで、鳥合わせの結果35種類を本日観察したそうだ。
解散後、単独でマイバードフィールドに移動。やはり鳥はほとんどいない。唯一、これもバーダーの方のスコープでのぞかせていただいたのであるが、タシギを確認。ライフリストもう一種追加である。午前6時出発、午後5時帰宅。本日も良く遊びました。足がパンパンである。このあとすぐに町内の自治会研修会に参加する満身創痍の私であった。なお、掲載出来る写真はほとんどありませんでした。こういう時ほど文章は長くなります。(笑)

カワウシルエット
c0050594_21505934.jpg


証拠写真以下のレベルであったルリビタキ♂
c0050594_21515139.jpg

[PR]

# by 6422j-nozomu | 2006-01-28 21:55

失敗写真シリーズ①(オオヒカゲ開翅)

この時期、鳥の撮影ばかりしている。本ブログはタイムラグゼロ、当日足を運んだ出来事を当日に掲載するのをモットーにしているのだが、思いでの蝶失敗写真(某氏のパクリ)も面白いかと思い、書いてみた。2001年12月に初めてデジカメを購入したのだが、それ以前は、度を超した採集屋であった。採集歴はそれほど長くはないが、標本箱1箱まるまるミヤマカラスアゲハ、オオムラサキ、スミナガシ、ミスジチョウ、ゼフ等を並べ、悦に入っていた苦い時代である。
2001年6月に初めてオオヒカゲを採集し、デジカメを購入した翌年の6月、勿論捕虫網も持たず、オオヒカゲの撮影に行ったのである。背丈以上もあるスゲ林をかき分けて、初めて撮影に成功。葉かぶりであまり良い写真ではなかったが、撮影の面白さに目覚める。

オオヒカゲ閉翅
c0050594_23551555.jpg


何とか、奇麗な裏面を撮影すべく、執拗に追いかける。何分か追いかけっこをしていたのだが、突然何を思ったのか、翅を開いたのである。当時のカメラはフルオートのコンデジ。5枚ほど撮影したのだが、下の写真どおり大失敗であった。これ以後開翅の機会は一度もない。今所持しているD70なら完璧に撮影出来たのにと考えると悔しくて悔しくて。

オオヒカゲ開翅
c0050594_013782.jpg

[PR]

# by 6422j-nozomu | 2006-01-28 00:12